【インプレ'03】松下宏 プジョー『206RC』 走りの楽しさはピカイチ

[その他]

左ハンドル車だけの設定ということもあって、右ハンドル車にあったレイアウト上の不満が解消されたのは取りあえず歓迎できる要素。ただ日本の道路ではやはり右ハンドル車に乗るのが正しい。どう考えたって左ハンドル車のほうが危ないからだ。でもそれを忘れて乗るなら、走りそのものはとても楽しい。

アクセルワークに合わせて気持ちよく吹き上がっていくエンジンは、高回転域まで回せば回しただけの値打ちのあるパワーフィールが得られる。がっちりと体を支えるバケットシート、硬めの足回り、手応え十分のステアリングなど、どれも魅力的だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ