【インプレ'03】河村康彦 プジョー『206RC』回すほどにゴキゲンになるユニット

[その他]

シリーズ最強! という文字を背にイザ走り出してみると、スタート時の力感は期待をしたよりもずっと下。

エンジントルク感が低回転域では思ったよりも薄いのに加え、1速のギア比が高めなので、2リッター車にも拘わらず走り出しの力強さは1.6リッターのVWルポGTIにも敵わない。が、2800rpm付近からはそんな印象が一変。そこからレッドラインの7500rpmまでをキープすれば走りはゴキゲンそのもの。

高いトラクション能力やアンダーステアの小ささ、「でしゃばらないESP」のセッティングなどに、このクルマの本格的なスポーツ魂を感じる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦| モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ