【インプレ'03】桂伸一  マツダ『アクセラ』 運転することが楽しいコンパクトモデル

[その他]

コンパクトクラスとしては広い室内が印象的だし、質感も高くなって、ちょっとした高級車感もある。

ステアリングにチルトとテレスコピック機能が付いて調整幅が広く、ドラポジを妥協する必要がない点は多くの国産車に見習ってほしい。

個人的にはロータリーのイメージが強いマツダだが、レシプロ、つまり“普通”の4気筒エンジンもこんなに整ったいい音をしているのは意外。機械的なノイズが少ないという意味だが、実際に低回転から力強く加速性能も優れているのも、パワー追求ではなくトルクを優先する欧州車のエンジンのようだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


桂 伸一|モータージャーナリスト
クルマ雑誌編集部員を経て、フリーランスに。執筆活動やビデオマガジンのキャスターを務める一方で、レーシングドライバーとしても活躍。ダイナミクス性能に、トコトンこだわるインプレッションが好評。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ