【インプレ'03】桂伸一  プジョー『206RC』 コーナーで実感できる猫足フィール

[その他]

欧州車のエンジンは、パワーよりもトルク重視。だから低回転から力強く、2速や3速のままでの低速走行でもギクシャクせずに粘り強く走る。206の最強モデル「RC」もまさにその感覚。

さらに可変バルブタイミング&インテークで、低回転の力強さを7400rpmの高回転まで、そのまま炸裂。

ショートホイールベースながらリヤの接地安定性が高く、ラリーカーのように振り回そうにもビクともしない。同様にフロントも路面に貼り付くかのように捉えて、ハンドルを向けたほうに吸い込まれるように曲がっていく。この感覚こそ、特別なスポーツモデルのハンドリングだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


桂 伸一|モータージャーナリスト
クルマ雑誌編集部員を経て、フリーランスに。執筆活動やビデオマガジンのキャスターを務める一方で、レーシングドライバーとしても活躍。ダイナミクス性能に、トコトンこだわるインプレッションが好評。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ