【インプレ'03】日下部保雄 マツダ『アクセラ』 フォーカスの影響を感じさせるステアフィール

[マツダ]

簡単にいえばファミリアの後継だが、キャラクターはぐんとスポーティになった。とくにアテンザと同じエンジンを積む2.3リッターユニットは高い動力性能を持っている。ただ4速ATのみなのは物足りない。

ステアリングの応答性と効きは日本車離れしていて、フォーカスの影響を強く感じる。ボディもシッカリしていて、インテリアの質感も高い。いわゆるプレミアム・コンパクトの領域に一歩踏み込んでいる。4ドアと5ドアでは大きくボディパネルを変える気合いの入れようだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ