【インプレ'03】日下部保雄 ホンダ『オデッセイ』 ドライバーズカーを意識させるパッケージ

[その他]

あらゆるものを平べったくして、低床フロアを実現した。室内高は従来のオデッセイと変わらない。

ドライバーズシートに座った感じはミニバンというよりもツーリングワゴンのようだ。低いアイポイントはドライバーズカーを強く意識させる。

ハンドリングもスポーツセダンとはいわないが、それに近いシッカリしたもの。ステアリングの応答性や効きなどはスッキリしているし、長いロングホイールベースで安定性も高い。

エンジンは4気筒らしい蹴りだし感があり、V6のように重くないので、軽快だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ