【インプレ'03】両角岳彦 ホンダ『オデッセイ』 ミニバンとして異例のパッケージングに疑問符

[その他]

「立体駐車場に入るミニバン」という発想自体が本末転倒。床高さなど苦労した形跡はあるが、1?2列目とも天井が頭に迫り圧迫感強し。3列目はほとんど実用にならず。ミニバンではなくセダン系空間の後ろに補助シートを組み込んだだけの空間。

ナビ操作系は進歩し、BMWのi-driveをしのぐ?しかし内装デザインは稚拙。

その反面、走りはそこそこまとまりがよい。エンジンは右足への反応が柔らかく力感も適度。CVT、5速ATともいやみは少ない。運動性や足の動きも中速・中G領域まではまずまずだが、リアが沈み込む揺れが出がち。中高G領域では舵感、挙動とも甘い。

■5つ星評価
パッケージング:★☆☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


両角岳彦|自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ