【インプレ'03】両角岳彦 スバル『アウトバック』 SUVとしては違和感強いドラポジ

[スバル]

今回のレガシィはドライバーの着座位置を下げた。SUV的なアウトバックでは、ほかのモデル以上にこの違和感が強い。本来は高めに座って下半身を安定させ、高めのアイポイントから前方路面を見るのが定石なのに。

大径タイヤ&ホイールは重量も重く、足もとでドタつき、室内に空気振動がこもる。同時に、足が突っ張ったまま細かく上下に揺すられる。舵の感触、反応もしっとりしていない。最近のこの種のクルマの典型的走り味だが、初代の素直さを知る者としては残念。

動き全体は4気筒2.5リッターのほうが素直。6気筒はいかにも頭が重く、ターンインが苦手。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


両角岳彦|自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ