【インプレ'03】国沢光宏 マツダ『アクセラ』以前よりもキビキビ感をアップした走り

[マツダ]

乗るとファミリアよりひとつ上の車格のクルマになったことがすぐわかる。ボディ重量からして10%以上重くなっているのだから当然か。参考までに書いておくと、1.5リッター車で1260kg。カローラより200kgも重いのだ。もはやATで乗るには、1.5リッターだと物足りないかもしれない。

一方、車重1280kgの2.3リッターエンジン搭載車はスポーティである。難しいのが「どんな人に向いているのか」という点。ヨーロッパ車のような正統派のよいクルマなのだけれど、これといった特徴を持たず。来年出るアクセラベースのミニバンに期待。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


国沢光宏|自動車評論家
学生時代から執筆活動を開始。現在、CARトップ、ベストカーなどに寄稿する一方、AM/FM局でのパーソナリティ、WRC解説も行う。クルマ選びからドライビングテクニック、業界ニュースなど、広く深くが取材目標。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ