【インプレ'03】木下隆之 マツダ『アクセラ』小気味いいドライビングプレジャーが感じられる

[その他]

アクセラの本来の生きざまは、居住性や経済性を高度にバランスさせることなのだ。が、そこはマツダのこと、走りにもアップデートな香りを込めている。

とくにスポーツ5ドアからは、そこはかとなく漂うドライビングプレジャーが感じられる。そう、スポーツといってもけして荒削りな走り方はしない。がむしゃらでもない。速さを語るクルマではなく、軽快なリズムを刻みながら走るのがふさわしい仕上がりなのだ。

エンジンの咆哮もどこか心地いい。まさに最近のマツダが得意とする世界に引き込もうとしてくれるのである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


木下隆之|モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ