【インプレ'03】松田秀士 プジョー『206RC』ハードな中にも覗かせる猫足フィール

[その他]

プジョーにしてはハードなサス。でもしなやかさはある。ハンドルは重く、フロントタイヤ限界ギリギリでの操舵感覚はズッシリとステアリングに伝わり、アクセルの踏み方次第ではアンダーやオーバーを覗かせる。

ブレーキングからシフトダウンし(MTしか設定がないところがプジョーらしい)、ブレーキを残しながら素早くステアリングを切り込むと、リヤタイヤが流れ始めるが、それほど唐突ではないし、キャンセル可能なESPがあるから安心。ESPをOFFにしたときは、アクセルを踏んでやればオーバーは収まる。フレンチスポーツは健在だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


松田秀士|モータージャーナリスト
GTでフェラーリを駆る現役レーサー。INDY500やルマンなど海外レースにも積極的にチャレンジする。すでに49歳が目前という年齢ながら、まだまだ走る。モータージャーナリスト活動にも積極的。日本カーオブザイヤー選考委員。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ