【インプレ'04】佐藤久実 トヨタ『アベンシス』 乗ってみてわかる新しい価値

[その他]

ヨーロッパ専用モデルとして開発されただけに、デザインも走りも従来のトヨタ車のセダンイメージとはまったく異なる。

つまり、快適性のみを追求したクルマでなく、走りの性能も高い。ボディやサスペンションのしっかり感があり、ハンドリングもいい。

それだけに2リッターエンジンの低速トルクの細さは残念。また、常用域では気にならないが、高速域や荒れた路面、強い横Gがかかるとリヤがトー変化するため接地性が高いわりには動きに違和感を覚え、快適性をスポイルしてしまう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


佐藤久実|モータージャーナリスト
自動車専門誌などで執筆活動を行いつつ、大学やカルチャーセンターの講師として、また、安全運転やスポーツドライビングのインストラクターとして、クルマの魅力や付き合い方を提案。個人的にはオープンカーが好き。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ