【インプレ'04】下野康史 スズキ『ワゴンR』 ますます『リーン』なクルマになった

[クライスラー・ジープ]

軽の主流を占める背高ワゴンは、初代ワゴンRがつくったフォーマットである。米国ミニバンの元祖がクライスラー・ボイジャーなら、日本サイズの文字通りのミニバンが93年のワゴンRだった。

その路線で様々な軽が出るうちに、本家の競争力が次第に弱くなってきた。3代目ではどうするのだろうと期待していたら、コレである。

一転、直線主体のスクエアデザインに変わったが、タントのような思いきりのよさはない。旧型よりむしろ古く見える。オーバークォリティを排した“リーン”なクルマづくりは健在。ますます儲かるクルマにはなったのかもしれないが。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワー&フットワーク:★★★☆☆
装備内容:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


下野康史|モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ