【インプレ'04】津々見友彦 スバル『R2』 実用車というよりもスペシャルティカーだ

[その他]

箱型の背高グルマが主流のなかで、お洒落なスペシャリティカーだ。それだけに好みは明確に分かれるかもしれないが、個人的にはリヤスタイルがいい。

インパネは、質感が高く軽のレベルを超えている。フロントシートは身体に吸い付くような心地のいいバケットシートで気に入った。さすがに四角い軽と比較すると、狭く感じるのは否めない。が、必要以上のスペースはあり、実用上で不満はない。

快適なのは動力性能。0-400m加速ではほかの軽より3秒も速く軽快そのもの。市街地での発進加速もストレスない。電動パワステは自然な操縦性で安定し、安心感も高い。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ