【インプレ'04】河口まなぶ スバル『R2』 新提案のパッケージに比べ、走りは……

[その他]

プレオが築いた走りのよさは一体どこに行ってしまったのか。

ウェットコーナリングでは自然に操舵するだけでリアが簡単にスライドし、これを必死に抑え脱出するためにスロットルを踏み込むと、トラクションがかからず大きく外へ膨らむ。

スーパーチャージャー+CVTは力強く効率よく滑らかだが、雨天時は無駄にパワーロスが多すぎてそのよさを生かしきれていない。

背高をやめて見識ある新価値提案をしたのに、走りはプレオから比べると上質な「乗用車感覚」が失われた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


河口まなぶ|モータージャーナリスト
1970年生まれAB型。日本大学芸術学部文芸学科卒。卒業後モーターマガジン社でアルバイト。その後フリーとなり専門誌を中心に一般誌、webに寄稿。2002-03/03-04日本カーオブザイヤー選考委員。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ