【インプレ'04】河口まなぶ スズキ『ワゴンR』 やんちゃさ加減はいまだ現役

[その他]

サラブレッドというより暴れ馬。とくにウェットコーナリングでは、プリミティブなFRを彷彿とさせるシビアな操縦性を持つ。『スバル・R2』同様にリアの粘りがなく、操舵し始めると即座にテールがスライドしていく。

ターボエンジンの性能が高く、この手としては非常に速いだけに雨天時は余計ジャジャ馬感が強い。結果として「エンジンはシャシーより速く」になってしまっている。

規格ギリギリの古い価値観を持つ背高パッケージをここまで速くしてしまってよいのか?そう考えるとシャシー性能に無責任さを感じてしまう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★☆☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


河口まなぶ|モータージャーナリスト
1970年生まれAB型。日本大学芸術学部文芸学科卒。卒業後モーターマガジン社でアルバイト。その後フリーとなり専門誌を中心に一般誌、webに寄稿。2002-03/03-04日本カーオブザイヤー選考委員。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ