【インプレ'04】両角岳彦 スズキ『ワゴンR』 定番パッケージでカイゼンしているものの……

[その他]

すべてが中途半端。空間設計は初代で「軽の定番」となった形や寸法をほぼ継承。外せない商品だけに変えられない…のはわかるが、そろそろ進化が必要。内装の造形と質感の低さはやっと改善された。

コスト抑制のため、古色蒼然のまま使い続けた車両骨格も、ようやく前半部だけ全面改訂。舵の位置決めの甘さ、エンジン揺動などは改善された。しかし後半部は従来型のまま、という継ぎ接ぎ細工。

その結果、車体揺れや旋回挙動が前後バラバラ。とくにピッチングがひどい。前後同時に進化しないと。基本設計はダイハツに対して2世代分遅れている。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★☆☆☆☆
フットワーク:★☆☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


両角岳彦|自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ