【インプレ'04】両角岳彦 スバル『R2』 ウケ狙いのみで、あるべき姿を見失ってしまった

[その他]

窮屈で圧迫感のある空間。前席では頭の上?前にルーフが垂れ下がり、後席はちゃんと座ると頭が天井?リアガラスに当たる。

スタイリッシュに見せるのはいいが、空間設計をないがしろにしたのでは価値ゼロ。しかも「おシャレ」を標榜しているのに、とくに内装細部のデザイン、質感が低い。シートの造りもお粗末。

走らせると、旧来の「軽は我慢して乗るもの」というイメージそのまま。新・直4エンジンは実用域トルクが薄く、CVTは変速しすぎ。舵も電動PSの短所ばかりがあらわ。今の富士重工は、こんなにクルマづくりが下手なの?

■5つ星評価
パッケージング:★☆☆☆☆
インテリア/居住性:★☆☆☆☆
パワーソース:★☆☆☆☆
フットワーク:★☆☆☆☆
オススメ度:☆☆☆☆☆


両角岳彦|自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ