【インプレ'04】両角岳彦 ダイハツ『タント』 他社よりも頭ひとつ抜きん出たダイナミクス

[ダイハツ]

前席に座ると、ウインドシールドが遠く広く、天井が頭のはるか上にある。ミニバンふう空間の軽、というコンセプトだからこの演出が売りなのだが、無駄に高い。

着座位置をあと15?20mm上げると、この背高空間を自然に感じ、運転できるのだが。開発担当はムルティプラやエスパスを体験すべきだった。逆に後席はもっと高く座らせていい。

シートの造り、フットワークなど自動車の基本に関して、軽メーカーの中でダイハツは頭ひとつ(以上)抜け出しつつある。タントも動質では不利な背高ボディの走りを、何とか許容範囲にまとめた。電動PSの違和感も少なめ。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


両角岳彦|自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ