【インプレ'04】木下隆之 スズキ『ワゴンR』 3代目はパフォーマンスよりも室内に力点を置いた

[その他]

スズキのKカーといえば、激辛ハイパワーをイメージしてしまうけれど、新生ワゴンRはそんな雰囲気は漂わない。

最強ターボ仕様だって、基本的には速さよりも乗り味優先のようで、がむしゃらな操縦フィールではない。もちろんシグナルスタートで遅れをとることはないのだろうけれど、走ってナンボではなく、そのパワーと剛性感ある足を、走りの余裕に置き換えている印象だ。

それもそのはず、トールボーイの姿が物語っている。タントほどではないにせよ、室内高を大幅に稼いでいるし、それによってゆとりある空間を確保。走りよりも、室内で勝負なのである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


木下隆之|モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ