【インプレ'04】木下隆之 ダイハツ『タント』 広さがすべての軽ワゴン

[ダイハツ]

タントの最大のウリは、この広大な室内空間に集約されている。

ライバルを大幅にブッチギるホイールベースと、フロントウインドを大幅に前出しした効果、さらにはルーフを高めたおかげで、それこそ子供なら立って歩けそうなほどの室内空間を確保しているのだ。

シートアレンジも多彩。そのために開発陣は躍起になったのだろう。ターボ仕様なら、走りはそこそこ元気だけれど、そんなことは二の次。ベンチシートのホールドがいいわけもないし、重心が高い印象も捨てきれない。

走りよりも広さ。タントはそれがすべてなのだよ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


木下隆之|モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ