【インプレ'04】森慶太 スバル『R2』 ミジメっぽさを感じさせない軽自動車

[その他]

箱みたいな軽がアタリマエになっている昨今、正統派の(しかもしっかりイマ風の)乗用車のカタチをしてるのがすごく新鮮。室内のカタチや運転姿勢もごく自然。軽自動車特有のミジメっぽさのない内装。日本車としてはものすごくマトモな前席は特筆点。

圧倒的に高い上屋のガッチリ感。4気筒はメカニカル・スーパーチャージャーなしでもちゃんと走る。CVTの制御もごく自然。ヴィヴィオ以来の凝った作りのアシは、ズッシリ系の上屋に対して圧倒的に余裕とはいえないが操縦性も安定性も悪くはない。あと、独立式リアサスなのは乗っててすごくわかる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


森 慶太|モータージャーナリスト
絶対的な速さやブランドや国籍はどーでもE。それと、スポーツカーとかミニバンとかのジャンル分けや下取りの有利不利も。よしあしの判断基準は「クルマとしてマトモか、マトモでないか」のただそれいっこ。ヨロシクね。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ