【インプレ'04】森慶太 スズキ『ワゴンR』 目新しさを感じないのが『ワゴンR』らしさか?

[その他]

プラットフォーム一新。リアサスは形式変わってないけど(コスト上の理由からでしょう)、少なくとも旧型と較べたら走りの足腰は見違えるほどしっかりした。

その分野で向上シロがいちばんデカいのはターボの速い仕様で、オススメでは(全然)ないけど乗ると別世界。笑っちゃう。こんどのは、「ちょっとトバしてみようか」っていう気になる。

あとはまあ、とくに目新しい変化なし。「ワゴンRです!」っていう以外にいいたいことはないんじゃないか。さらに室内がデカくなってるけど、前から十分デカかったし。ただ、NAモデルのATのプログラムがよくなってはいた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


森 慶太|モータージャーナリスト
絶対的な速さやブランドや国籍はどーでもE。それと、スポーツカーとかミニバンとかのジャンル分けや下取りの有利不利も。よしあしの判断基準は「クルマとしてマトモか、マトモでないか」のただそれいっこ。ヨロシクね。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ