【インプレ'04】森慶太 ダイハツ『タント』 アッケにとられるほど、どデカい室内空間

[ダイハツ]

初めて乗ると、しばらくはアッケにとられる。なぜって室内が巨大だから。より正確には、天井がド外れて高いから。実用上その高さはほとんどムダ。走りと燃費を悪化させるだけなのだけど、しかし少なくともアシはわりにしっかり系。体型を考えるとむしろ感心する。さすがにヘロヘロ甘口セッティングをする余地はなかったようで、それがかえって好結果に。

でも、呆れるほどデカい室内に対してシートのデキがオソマツすぎ。とくに後席。ヒザ元空間がデカけりゃいいってもんではない。商品として新味があるし見た目で売れるだろうけど、積極的にはススメません。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


森 慶太|モータージャーナリスト
絶対的な速さやブランドや国籍はどーでもE。それと、スポーツカーとかミニバンとかのジャンル分けや下取りの有利不利も。よしあしの判断基準は「クルマとしてマトモか、マトモでないか」のただそれいっこ。ヨロシクね。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ