【インプレ'04】両角岳彦 トヨタ『アベンシス』 トヨタならではのユーロテイストが欲しい

[トヨタ]

乗用車としての中核セグメント、しかも欧州向け製品なのだが、空間設計、骨格は駄作たるプレミオ/アリオンの改装版。

前後席とも着座姿勢を欧州標準に近づけたぶん、少し改善。しかし空間としては圧迫感が強めで、トヨタ流にドイツ味を加えた内装デザインも重苦しい。細部の造り、製造品質は雑で、英国生産であることに思いが至る。

走りは欧州的に硬め、のつもり?じつは足が極端に突っ張って動かず、不自然な動きの連続。舵も重めにしているが、感触はトヨタ流にひたすら甘い。エンジンも力感薄い。直噴だがやっと低負荷限定リーンバーンを止めた。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★☆☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


両角岳彦|自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ