【インプレ'04】ピーターライオン スバル『R2』先進的なデザインアプローチが欲しい

[その他]

面白いアプローチだ。同クラスのライバル車とは一線を画す、パフォーマンスカー。外観はスポーティ。キャビンは小さく、リアシートも小さめだが、運転して楽しい。

きびきびと速くて、過給がかなり効くし、CVTもスムーズ。ハンドリングや乗り心地がいいものの、ステアリングがスローで、コーナーではアンダー気味。

さて、デザインはずっとスバルの課題。顔の部分からザパティナス氏が手掛けたとわかるが、にぎやか過ぎるし、すぐ老ける感じがする。もっとクルマ作りに先進的なビジョンを持つべきだろう。それでも、製造品質の高さが感じられる1台だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワー&フットワーク:★★★★☆
装備内容:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


ピーター ライオン|モータージャーナリスト
60年オーストラリア生まれ。現在、欧米、日本の有力誌16誌に執筆し、合計部数は450万部と日本一。日本語の原稿を自分で書く唯一の外人モータージャーナリスト。COTY選考委員。愛車はレガシィB4。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ