【インプレ'04】松下宏 トヨタ『クラウン』 ネーミング以外の共通項は見えない

[その他]

クラウンってこんなによく走るクルマだったか、と認識を新たにさせられたのが今回のモデル。しっかりした感じの乗り心地が味わえるし、ステアリングのフィールは上級車として初めての電動パワステを採用しながらも上々のデキ。

ブレーキのタッチは文句がないレベルだし、新しく開発された直噴V6エンジンも余裕の動力性能を発揮する。

エンジンもプラットホームも一新されたことで、パッケージングなどを含めていろいろな意味で大きく進化したのが今回のクラウンだ。これまでと違ってヨーロッパ車と互角に競えるクルマになった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


松下 宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ