【インプレ'04】松下宏 スバル『フォレスター』 一段と走り志向になった

[スバル]

本来はステーションワゴンから発展したSUVとして路面を選ばない走りのモデルだったが、クロススポーツに続いてSTiを設定し、走り志向を強めてきた。

ただ、インプレッサのようなガチガチのチューニングではなく、足回りには乗り心地にも配慮した味付けがなされている。エンジンの味付けもパワーよりもトルクを重視したチューニングで、気持ちのよい走りのフィールが味わえる。

SOHCエンジンを搭載したL.L.Beanは、走りに関しては特筆すべき点はないが、本革シートなどインテリアの仕様を向上させて、わずかな価格アップなので買い得感が大きい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ