【インプレ'04】河村康彦 トヨタ『クラウン』 変身願望もブランドの重さには越えられない!?

[その他]

これ以上の高齢化を食い止めたい、と考えたトヨタは、歴代モデル中で最大級の割り切りに基づいて一新した。その変わりざまは見た目上でも走りのテイスト上でも納得できる。

18インチのシューズを履いた『アスリート』は、そんな“変身願望”を顕著に現したシリーズだ。確かにステアリングフィールはいくつかの欧州車に負けない落ち着き感を備えたし、そんなステアリングの微少操作時の正確性も歴代モデル中最高。

が、騒音/振動性能は「まったくクラウンらしくない」、期待を下回る水準。『クラウン』というブランドの重さに翻弄されている感が否めない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ