【インプレ'04】日下部保雄 トヨタ『クラウン』 楽しさの点でプラスαの味付けを

[その他]

走り系のアスリートとラグジュアリー系のロイヤルがある。エンジンからシャシー、ボディとすべてを一新したクラウンは、今までのクラウンの概念を変えようとする意気込みが感じられる。

アスリートは18インチタイヤを履き、乗心地は硬めだが、ハンドリングのしっかり感は高く、個人的にはアスリートが好み。新しい直噴V6エンジンのパワー感もあり、6速ATとの相性もよい。

確かに新型の魅力は大幅にアップし、ドライビングファンもあるがもう一歩踏み出して欲しいプラスαを感じてしまうのも事実。それはステアリングを通して伝わる心地よさである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ