【インプレ'04】津々見友彦 三菱『ランエボMR』 マイルドになって、さらに洗練された 

[その他]

最大の特徴はマイルドなバネとビルシュタインでしなやかな足となったこと。

スポーティカーなのにマイルド?と、疑問に思うが、サーキットと異なり、凹凸のある路面ではしなやかな足は突起乗り越えの際、跳ねずにスムーズに路面に追従。それによりタイヤが路面に接地する時間が長い。

これにより、ハンドリングがより正確で、かつエンジンパワーも駆動に素早く伝達でき、走りの効率が高い。ワインディングでの走りは俄然スムーズで安心感も高いし疲れない。

高回転でのパワー特性も高まり、動力性能は0-400m、14秒前半と速い。より洗練されたといえる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ