【インプレ'04】両角岳彦  トヨタ『クラウン』 「クラウンとは何か」という根本の部分が希薄

[その他]

トヨタFR・全面改訂の第1弾。骨格設計の個々に見るべきものはあるが全体的に熟考不足。とくに重量車に電動パワーアシストはまだ無理。しかも机上論で無用な操舵反力を作りすぎて違和感多し。

エンジンも新設計なのに実用域のトルク極薄。直噴でもリーンバーンはやめたが、アクセル=トルク特性の作り込みが甘い。エンジン、駆動系から細かい振動、騒音が侵入する。

足はモノチューブダンパーを何とか使いこなしたが動きが突っ張り、硬い。

最大の問題は「クラウンとは何か」。この根本のイメージが作る側になかったこと。ただトヨタ大型セダンの新顔でしかない。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★☆☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


両角岳彦|自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ