【インプレ'04】両角岳彦 VW『ゴルフトゥーラン』 手抜きを感じさせないパッケージング

[フォルクスワーゲン]

VW=アウディの中核車種用新骨格はなかなかの力作。その上に3列シートミニバンをドイツ流に仕立てた。各列の着座姿勢とそれを包む空間、シートの造り、7人分の3点式シートベルトなど、手抜きはない。私自身が日本の同種のクルマに苦言を呈してきた部分がちゃんとしている。

エンジンは直噴だが実用域トルクはあり、あまりリーンバーンせず。知能化6速ATによって大きめ車体でも力不足はない。

足はやや硬めで細かな横変位も出るが、これは4人+荷物積載で最良の動きになるように仕立ててあるため。無味で堅実だが、生活のための移動空間としてはこれでよい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


両角岳彦|自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ