【インプレ'04】両角岳彦 スバル『フォレスター』 現行スバル車中で、もっともスポーティ

[スバル]

現行型は登場時、走りの仕上げが迷走していたが、見直した印象。STiは、国産某社ダンパー(とくに前輪の倒立装着はイメージだけで一般路では意味なし)の動きが渋いのが難点だが、コーナリングでぐっと荷重をのせた状態での動き、向き変えの連続性と安定性はまずまず。ライントレースも悪くない。

味は薄いが、ドライバーの立場からは、現行スバル車ではもっとも「スポーティ」。

2.5リッター+ターボもインプレッサなどの2リッター仕様よりも右足への追従性がよい。ベースのトルクがあってターボを使わなくても十分に速いクルマができる。ほかにも積むべき。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


両角岳彦|自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ