【インプレ'04】小沢コージ トヨタ『クラウン』 欧和折衷がうまくバランスした12代目

[その他]

トヨタのサジ加減のウマさが出たクルマだと思う。ドイツ車的な走りの硬さや楽しさと、クラウン的なおもてなし感を合わせ持つ。

走り始めて最初に感じるのは、ボディ剛性の高さとステアフィールのよさ。旧型以前の無味乾燥さはほとんどなくなった。足硬めのアスリートはもちろん、柔らかいロイヤルでも同様。

エンジンも2.5リッター、3リッターV6ともに吹けがよく、キモチいい。2.5リッターは、3リッターを体験しちゃうと物足りないが。

いっぽう、ドアを開け、シートに座るときに感じる乗りやすさとか、オーディオやACの使いやすさは輸入車にはない利点だ。

■5つ星評価
パッケージング:---------
インテリア/居住性:---------
パワーソース:---------
フットワーク:---------
オススメ度:★★★★☆


小沢コージ|バラエティ自動車評論家
横浜市出身。自称、バラエティ自動車ジャーナリスト。某メーカー、二玄社『NAVI』編集部を経てフリーに。現在『ベストカー』『エンジン』『週刊プレイボーイ』『smart』誌など連載多数。愛車はポルシェほか。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ