【インプレ'04】佐藤久実 トヨタ『クラウン』 独得の乗り味がスポイルされた点は残念だ

[その他]

広告でもロイヤルよりアスリートを前面に出しているところから、スポーティイメージを向上させ、ユーザー層を若返らせたいのは明らか。

そのアスリートは、新しいV6エンジンを積み、回転フィールは滑らかだし、ハンドリングも従来型を大きく凌ぐ進化の度合いが感じられる。

ただし、そのいっぽうでクラウン最大の自慢である静粛性、乗り心地がスポイルされてしまっているのが残念だ。躍動感あるスタイルに変身を遂げたエクステリアに対して、インテリアは依然コンサバ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


佐藤久実|モータージャーナリスト
自動車専門誌などで執筆活動を行いつつ、大学やカルチャーセンターの講師として、また、安全運転やスポーツドライビングのインストラクターとして、クルマの魅力や付き合い方を提案。個人的にはオープンカーが好き。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ