【インプレ'04】河村康彦 プジョー『307CC』 弱アンダーの動き感はプジョーらしい

[その他]

シートバックが垂直に近いなど“フル4シーター”を名乗るには後席スペースが少々タイトに過ぎる感はあるが、それでも「4人が乗れるオープンカー」は貴重な存在。

ただし、極めて傾斜のきついAピラー&フロントガラスが頭上にまで被さるので、前席でのオープン時の解放感は期待よりもずっと低い…。

大きめサイズと格納式ルーフ採用などで重量が重めゆえ、絶対加速力はMTの『S16』でもそこそこ。最近のプジョー車の中では“ネコ脚感”が強い乗り味だが、それでも飛ばすとアンダーステアが弱く何ともスポーティなのもプジョー車らしい。


■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★☆☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ