【インプレ'04】日下部保雄 プジョー『307CC』 遊び感と実用性がしっかりバランスしている

[その他]

プジョーのイメージリーダーというだけあって、ちょっとウキウキさせてくれるクルマだ。

完璧にスイッチひとつでオープン、クローズドにできるトップはとっても便利で、爽快だ。しかも後席も大人ふたりが座れるのはありがたい。トップ収納時(トランクに納まる)にトランクもきちんと使える。

乗り心地はプジューらしいしなやかなもので、他車にはない味わいがある。ハンドリングもロールとスタビリティのバランスが取れており、気持ちがいい。

インテリアの質感も、ハッチバックより1ランク上げられており、イメージリーダーにふさわしい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ