【インプレ'04】松下宏 シトロエン『C2』 ドイツ車的な硬質な乗り味

[シトロエン]

同じプラットホームを採用する『C3』とはまったく別物の躍動感のある外観デザイン。サイズが小さいので居住空間はミニマムなものとなるが、走りのスポーティさが際立つ。

なかでも特徴的なのは、足回りのセッティング。フランス車というよりドイツ車的な硬さに仕上げられており、高架道路の継ぎ目などではちょっとつらい感じも。逆にいえば、その分だけ走りがスポーティな味付けに仕上がっていて、C3との性格分けがはっきりしていてよい。

価格設定もそこそこ手頃な納得水準に抑えられている。案外売れるクルマになりそうな印象だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ