【インプレ'04】両角岳彦 プジョー『307CC』 実用と非日常を兼ね備えたクルマ

[プジョー]

トップをクローズした状態では4座クーペとして使える空間。原型のHBより着座位置を下げたが、姿勢と空間は自然。可動式ルーフの建て付けもよい。

トップを下ろすとオープンエアの実感はやや薄めだが、実用性と非日常性を両立したクルマとしての魅力は大きい。

フットワークはトップを下ろした状態で、ちょうどよいしなやかさに仕上げる欧州流。『S16』のほうが足のストローク、向き変えの素直さなどは若干よい。欧州ではMT基本で足を仕上げてあり、ATの重量増に対応した前輪のバネが硬すぎるのだ。エンジンはノーマル2リッターがかなりよいのだが。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ