【インプレ'04】MJブロンディ シトロエン『C2』 ニッチな部分に存在意義を感じる

[その他]

ここ日本では、変り種ということが最大の存在意義のクルマに思えたな。

カッコはいろんな日本車のパーツの寄せ集めみたいな感じでしょ。導入されたのがバリバリスポーティな『VTR』ってグレードだけなんで、足回りも相当ガチガチでしょ。セミATも相変わらずラグが不快。

でも、このあたりの特徴全部、日本車にはないポイントなんで、超ニッチとしてはイケるかも。

キャビンが割合広いから、3ドアのみとはいえ実用性はあるし。ホント、誰も乗ってないっていうところに存在意義があると思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


MJブロンディ|大乗フェラーリ教祖
1962年東京生まれ。慶大卒。編集者を経てフリーライター。愛と幻想と市場経済を核とした自動車読み物のほか、高速道路問題に超絶真摯に取り組む。『聖典版 そのフェラーリください!』等著書多数。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ