【インプレ'04】国沢光宏 プジョー『307CC』 開放感とカッコよさ、どっちを重視する?

[プジョー]

スタイルが気に入り「欲しいな」と思ったなら、とりあえず試乗してみよう。オープンにしたときのボディの”緩さ”さえ問題なければ(少し荒れた道を走ればすぐわかる)、よい相棒になってくれることだろう。

ただ積極的に「いいクルマですよ」と推奨するレベルには達しておらず。

『307』シリーズ全般に当てはまることなれど、車重のわりにパワー低めなのだ。また、せっかくのオープントップもAピラー(一番前のピラー)が寝過ぎていて、開放感に欠ける傾向。とはいえ気に入れば「そんなことどうでもいい!」と思っちゃうかもしれません。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


国沢光宏| 自動車評論家
学生時代から執筆活動を開始。現在、CARトップ、ベストカーなどに寄稿する一方、AM/FM局でのパーソナリティ、WRC解説も行う。クルマ選びからドライビングテクニック、業界ニュースなど、広く深くが取材目標。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ