【インプレ'04】日下部保雄 アウディ『A8』 独自の存在感をアピールする高級車

[その他]

アウディのフラッグシップ。2m近い全幅を持つが、空力を優先したラウンドシェイプで意外とサイズは感じない。それは運動性能からも感じる。意外なほど軽快なハンドリングを持ち、タイトなコーナーもフットワークのよさで駆け抜けられる。

V8エンジンはパワフルでたっぷりしたトルクも魅力。吹け上がりの気持ちよさもきちんと持っている、なかなか魅力的なエンジンである。

エアサスは車高を自在に変えられるメリットもあるが、それに加えて、ウネリ路などでのフラットな乗り心地もよい。4WDなど、ほかの高級車にない魅力もあるのがA8である。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ