【インプレ'04】日下部保雄 オペル『メリーバ』 ヴィータがミニバンに生まれ変わった

[オペル]

日本で売られるオペル最小のモデル。今は日本に入っていないヴィータの兄弟車であり、コンパクトカーの使いやすさに加えて、ミニバンの面白さをウリにしている。5人乗りだが、後席をアレンジして4人乗りにしたりして空間を遊ぶことができる。

1.6リッターは活発で、振動も少ない。トランスミッションはセミマニュアルで最初は変速のたびに違和感があるがコツを掴むと慣れてしまう。

高速ではもう少し接地感が欲しいが、日常的には十分だろう。乗心地はドイツ車らしく硬めだ。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ