【インプレ'04】津々見友彦 アウディ『A8』 アウディの考えうる理想が詰まっている

[その他]

V8、6速ティプトロニック、アルミボディの先進的なサルーンだ。ウッドとレザーのインテリアは豪華そのもの。エンジンスタートと停止は同じボタンで操作。ダイアルでナビ、サスなどの操作がしやすくなっている。

エアサスは可変タイプで、乗り心地とハンドリングを両立。ストレスのないハンドリングはいい。高速コーナリングでもワインディングのタイトなコーナリングでもつねに弱アンダーで、リヤの落ち着き感が高く、安心できる。

動力性能は底力があり、さすがに強力。0-400m発進加速は15秒台の雰囲気。6速ATもスムーズで小気味いい走りだ。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ