【インプレ'04】松田秀士 プジョー『307CC』 完成された感のある猫足フィール 

[プジョー]

足のしなやかさは、さすがプジョーといわしめるところ。ロールの初期はフリクションがなく、ロールが深くなるにつれてプログレッシブに減衰力が立ち上がる。それゆえ乗り心地もよいが、コーナーでもしっかりとした踏ん張りを感じられるのだ。プジョーには後付けのサスキットなど無意味だ。

だが、エンジンはちょっと非力。高回転域で、もうひと回りトルクがあればいうことなし。

フルオープンでもボディの剛性不足は感じない。ルーフをクローズドさせたときのラゲッジスペースがクーペよりも大きいところが“CC”の活動範囲を広げている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


松田秀士| モータージャーナリスト
GTでフェラーリを駆る現役レーサー。INDY500やルマンなど海外レースにも積極的にチャレンジする。すでに49歳が目前という年齢ながら、まだまだ走る。モータージャーナリスト活動にも積極的。日本カーオブザイヤー選考委員。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ