【インプレ'04】両角岳彦 アウディ『A8』 こってりでない部分にこだわりすぎたか?

[その他]

今日の高級車(ブランド演出高価格商品)の一典型。空間、装備、動質などを単純に横比較すれば、メルセデス・ベンツやジャガーよりはマシ。しかし無味無臭。

多機能インターフェイスデザインは半歩前進。走りの味付けもいささかわざとらしい。とくに空気バネ+ダンパー可変システムの「ダイナミック」設定は足が突っ張るのみ。「コンフォート」のみでじゅうぶん。

ステアリング反力付加もとくに高速域で不快・不自然。試乗車は19インチタイヤだったが、硬く、動きもギクシャク。18インチならずいぶんマシ。エンジンは車重と車格に対してやや非力。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ