【インプレ'04】両角岳彦 オペル『メリーバ』 質実剛健だけの一点豪華主義グルマ

[その他]

コンパクト背高多機能ワゴンとして、アップライトな着座姿勢にして乗員占有空間を前後に詰める設計は定番だが、シート骨格下部や床面をかさ上げするやり方は日本の軽よりも雑なくらい。

後席も折りたたみ優先でシートは硬く平板だし。でもシートベルトは3点式が5人分。

オペルの走りは質実剛健型なのだが、それにしてもかなりガサツ。とくに音・振動はちょっと…。実用トルク型のエンジンも車重が大きい分だけつらく、踏み込みへの応答を過剰に出す演出。電動PSもまだ違和感多し。

ヴィータを止めてこれを売るなど、最近のオペルの日本戦略は「?」が多い。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ