【インプレ'04】河村康彦 フォード『フィエスタ』欧州流の合理主義が息づくクルマ

[フォード]

フィエスタの評価は、欧州流の合理的な暮らしのスタイルにどれだけ賛同できるか否かで大きく別れそう。

例えばリアドアにパワーウインドが付かないなど、装備的には日本車に見劣りする。が、「普段は使わないそんなものよりも、深いラゲッジスペースやシンプル操作で使いこなせるオーディオのほうがありがたい」という価値観を持つ人にとっては、道具としての基本がしっかりとデザインされた部分に高く評価されそうだ。

少々喧しいが走りの実力もなかなかに高い。4速止まりのATのプログラミングも悪くはないが、こうしたクルマはMTで乗るこそが本来の姿。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ