【インプレ'04】日下部保雄 フォード『フィエスタ』 まさに自分の手足のようにストレスなく乗れる

[フォード]

欧州フォードからやってきたコンパクトカー。フォードらしくキビキビした小気味よいハンドリングが特徴。派手さはないがコンパクトカーのポイントを押さえたクルマづくりに好感が持てる。

そのすっきりしたドライブフィールはハイスピードでなくてもじゅうぶんに堪能でき、レスポンスのよいエンジン、軽くてタッチの優れたブレーキなど、まったくストレスがない。4速ATはつながりがよくショックが少ない。

キャビンはこのクラスとしては大きく、リアシートにも余裕がある。乗り心地はソフトではないが、ダンピングの効いた味は長距離ユースでも快適だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ